スポンサーリンク

2020年Jリーグに向けて2019年の事前順位予想と結果の答え合わせ

2020年を迎えて令和最初のJリーグは横浜F・マリノスが圧倒的な攻撃力で制覇しました。

2020年のJリーグの結果を予想する前に2019年の予想したJリーグの順位と結果がどうだったか答え合わせをしようと思います。

2019年J1リーグ順位予想はこちら⇒毎年はずれるJ1リーグ2019年の年間順位予想と各チームの特徴

2020年J1リーグ順位予想はこちら⇒毎年絶対に外れる2020年Jリーグ順位予想と各チームの特徴

2019年Jリーグの順位予想と結果の答え合わせ

2018年Jリーグ順位事前予想

2019年J1リーグ順位予想はこちら⇒毎年はずれるJ1リーグ2019年の年間順位予想と各チームの特徴

優勝 浦和レッズ
2位 川崎フロンターレ
3位 ヴィッセル神戸
4位 鹿島アントラーズ
5位 FC東京
6位 セレッソ大阪
7位 サンフレッチェ広島
8位 北海道コンサドーレ札幌
9位 横浜Fマリノス
10位 ガンバ大阪
11位 清水エスパルス
12位 湘南ベルマーレ
13位 ベガルタ仙台
14位 サガン鳥栖
15位 松本山雅FC
16位 ジュビロ磐田
17位 名古屋グランパス
18位 大分トリニータ

2018年Jリーグ順位結果

優勝 横浜F・マリノス
2位 FC東京
3位 鹿島アントラーズ
4位 川崎フロンターレ
5位 セレッソ大阪
6位 サンフレッチェ広島
7位 ガンバ大阪
8位 ヴィッセル神戸
9位 大分トリニータ
10位 北海道コンサドーレ札幌
11位 ベガルタ仙台
12位 清水エスパルス
13位 名古屋グランパス
14位 浦和レッズ
15位 サガン鳥栖
16位 湘南ベルマーレ
17位 松本山雅FC
18位 ジュビロ磐田

 順位の波乱があった2018年のJリーグ

2019年のJリーグ順位予想からの的中はなし
上位陣だけ見れば優勝予想の浦和レッズ以外はだいたい予想通り

ピタリ賞はなしですが、なんとなく順位予想の精度は上がったかな??とか勝手に思っています。
DAZNで頑張ってJリーグの試合を見た成果がすこしは現れたか?

DAZNに登録で最高峰のサッカーをその目でみる


↑DAZN1ヶ月無料トライアル登録はコチラから↑


UEFAチャンピオンズリーグをはじめヨーロッパの各国の世界最高峰のサッカーをはじめ、日本のJリーグ全試合をいつでもどこでもスマホがあれば見ることができるDAZN

見逃し配信機能があるのでもし試合を見逃してしまっても観戦可能な便利な機能を備えるDAZNは現在1ヶ月無料トライアルが可能で、解約は超簡単なので、サッカーファンなら一度無料登録で試してみるといいですよ!

最大のサプライズは優勝した横浜F・マリノスの快進撃
以前もし横浜F・マリノスのサッカースタイルが噛み合ったらどうなるか?という記事を書いたのですが、まさかこんなにはやく噛み合うとは・・・

令和最初のJリーグ優勝は横浜F・マリノス

令和最初のJリーグ優勝チームは横浜F・マリノスとなりました。

以前から横浜F・マリノスのサッカースタイルが噛み合った時の破壊力はJ屈指と予想はしていましたが、まさかスタイル変更初期段階のリーグで優勝してしまうとは予想していませんでした。

横浜という地に本拠地を置きながら苦難の時期を過ごしたチームの歴史を知っている人であればこの優勝には本当に感動したことでしょう。

2018年 総得点58、総失点56の得失点差±0
2019年 総得点68、総失点38の得失点差+30

課題だった失点の多さを改善しながらの総得点の増加と明らかにチーム状況は改善
優勝セレモニーは涙なしには進行不可能の感動セレモニーでした!

2020年もシティフットボールクラブとの提携で進んだサッカースタイルの快進撃に期待!
不安なのはマンチェスターシティのFFP違反によるシティフットボールの混乱か?

FC東京は強豪クラブから常勝クラブへ

久保建英選手がレアルマドリードへ移籍したことで戦力ダウンを乗り切り最後まで優勝争いをしたFC東京

長い間強いだけで優勝には縁のないFC東京と言われてきたチームが悲願のタイトルに向けて確かな一歩を踏み出した令和最初のJリーグだったのではないかと思います。

ディエゴ・オリヴェイラ選手と永井謙佑選手の強力2トップは魅力的ですが、ACLに向けて選手層は不安に感じます。
強豪クラブから常勝クラブへステップアップを踏み出した2019年シーズンだったと思います。

時代の流れに苦戦した鹿島アントラーズ

順位は3位と良い結果だったのでしょうが、鹿島アントラーズというチームの歴史を考えれば不満の残る2019年シーズンだったでしょう。

Jリーグで最も安定した成績を残す鹿島アントラーズですが、海外移籍が身近になってしまったサッカー界では主力の流出に伴うシーズン中の戦力ダウンに対応できるかが優勝へのラストピースになるでしょう。

個人的には鹿島アントラーズが上位に来ないJリーグは面白くないと思います。

悔いが残るヴィッセル神戸の不安はACLと過密日程

ヴィッセル神戸にとっては本当に悔いが残る2019年のJリーグのシーズンだったでしょう。
ポトルスキー選手やイニエスタ選手など世界的スーパースターを集めながらなかなかかみ合わなかったヴィッセルのサッカーが酒井高徳選手とフェルマーレン選手の加入で守備が安定したことで明らかにチーム状況が改善

普通に考えればイニエスタ+ビジャ+ポトルスキーのVIPトリオはJリーグ最高の攻撃陣だったのでしょうが、VIPトリオを支える守備陣がもっとはやく補強できていれば・・・と悔いが残ることでしょう。

シーズン後半のヴィッセル神戸は優勝した横浜F・マリノスにも負けないくらいの勢いを感じました。